スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ポップアート】現代アートブラシを作ったワケ

元々は「カオス*ラウンジ(文具)」が起こした騒動をきっかけに注目したものだが、表現手法に「盗作」の要素が含まれる以上は創作者として諸手を挙げて賛成というわけにはいかなかった。しかし表現自体には魅力を感じたのは認めざるを得ない。
20150328@@.png

それも日本のオタク文化(サブカルチャー)を示すような原色カラーの赤青黄色、マンガ雑誌の表紙のような、アキハバラのオタク向け店舗に入ったときのような視覚的な華やかさ。そこに抱いてしまう「ワクワク感」、マンガ雑誌を読むときのワクワク、アニメDVDを見るときのワクワク感、それらがパッケージされた商品を見るときのワクワク感。あの派手な作品にはそういったものを想起させる要素が散りばめられていた。
週刊少年ジャンプ 2015年2月16日 特大号 (週刊少年ジャンプ)

らき☆すたOVA(オリジナルなビジュアルとアニメーション) [DVD]



権利クリアが自分にとっての課題

ただ、やはり問題は権利問題がクリアでないことだった。そこで以前から「構成要素(コラ画像)を自作して、合法的に再構成できないものか」という発想はあった。そして、それを可能とする技術力も自分には備わっていた。
20150327_201

例えば彼らがアニメのキャプチャなどから切り取っているコラージュの素材も、自分ならわざわざ違法性のある行為をしなくても、自分で描いてしまえば合法的に使用できるわけだ。ただ、発想当時はそれほど自分のイラストなどの画像ストックもなく、とりあえずストックが貯まってからにしようと思いそのままにしてきた。
20150327_202

今回、ふと思い出して画像フォルダを漁り、使えそうな画像を取り出してみた。足りないものは、その場で自作した。



盗作である意味

ただ、こうして得られるのは先述したようにあくまでも自分が感じたような「ワクワク感」の再現であり、旧カオスラが言ったような「サブカルチャーの文脈」だとか「盗作であることに意味がある」といったようなことは含まれない。ただ、自分としては彼らのそういった(特に)「盗作であること」に魅力は感じていなかった。やはり自分が感じていたのはオモチャを前にしたときのような子どもっぽいワクワク感だ。主観的なものになってしまうが今回の試みで盗作しなくても自分の感じていた「ワクワク感」は再現できたように思う。
20150327_313

彼らの言うところの「自分で描く意味がない」「既存のパーツを使うことに意味がある」という主張も理解できないことはない。見る側にとって「これxxxのキャラだ」とわかることが魅力と感じることもあるだろう。そういう意味では自分のように「オリジナルの素材」ではできない表現だということも理解できる。しかし、やはりそのために盗作する・他の作品を切り刻むというのは自分としては抵抗がある。そして社会的な反発も免れられない。
20150327_002



他にも既存の作品は多くある

自分の以前にも、合法的な手段で、こういった表現をしているアーティストは多々あり、映画「渇き。」の中でも映像にそういった画像が使われている。「でんぱ組」などのMVで同じような手法の派手なポップアートを見ることはできる。


「アンダーワールド」のアルバムジャケットも色合いでは似たような印象を受ける。
Barking (UWR00032-2)

ただこれらと自分の作った画像の違いを述べれば、自分がテキトーにカスタムブラシを使って描いたものには計算された構成がない。あくまでもブラシが自動的に生成するものでしかない。色や形などを考慮して行われるコラージュとは質的に異なる。
20150327_001

ただ、つまらない自己満足かもしれないが、自分のイメージを一般的な技術として提供できたのはよかったと思っている。



クリップスタジオペイントで使える【現代アートブラシ】のフリーダウンロード

・Dropbox
https://www.dropbox.com/sh/mv19zisazisy8bt/AAA-_wfM3v4Kb2f27bOWItzla?dl=0

・セルシス CLIPサイト
http://www.clip-studio.com/m/1604355
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

idsuru

Author:idsuru
http://www.idsuru.com/

最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。