スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【JASRAC】マンガに歌詞は「引用」できる?【著作権】

電子書籍版でカットされた歌詞の「引用」』という、はてなダイアリーに投稿された内容を見て、ぜひ補足しておきたいところがあったので参考までに記事を書くことにした。



まず、上記の記事を補足したい部分は…

①著作権法の定める「引用」の意味
②マンガの中で歌詞が利用される形態
③出版社の慣例

(1)(2)については、当該記事の中では「いまさら説明することでもない」といった形であえて説明が省かれているようなので、ここで再度説明しておく。



(1)著作権法の定める「引用」の意味
著作権法では権利者以外の人間も円滑に著作物を公正に利用できるように、著作権侵害を問われない形での一方的な利用(権利者の許諾が不要な利用)をすることが可能な「引用」をすることが例外規定として設けられている。

通常であれば他者の権利物(著作物)を用いるには、権利者の許可が必要となる。車を使いたければ、その所有者(所有権の権利者)に許諾を得てからでなければ、窃盗の罪に問われるのが普通だろう。つまり泥棒になってしまう。
これは「物質」が伴わない著作物(歌や音楽、画像や映像データ)でも同じことで、正当な権利保持者がいる限り、その者に無断で使う以上は犯罪となりえる。つまり他人の著作物である歌詞をマンガで勝手に使えば、作者や出版社は泥棒と同じだということである。現在、著作権法は「親告罪」であるために、こういった無断利用の多くは看過されたままになっているが、犯罪の構成要件は満たしており、権利者が訴えることになれば罪に問われるのは確実といえる。

現代における法の定める「公正な引用」には主に以下のような条件が課せられる。
 ア 既に公表されている著作物であること
 イ 「公正な慣行」に合致すること
 ウ 報道,批評,研究などの引用の目的上「正当な範囲内」であること
 エ 引用部分とそれ以外の部分の「主従関係」が明確であること
 オ カギ括弧などにより「引用部分」が明確になっていること
 カ 引用を行う「必然性」があること
 キ 「出所の明示」が必要(コピー以外はその慣行があるとき)

巷でよく使われる「引用」とは、以上のような要件をきちんと満たしていないことが多く、著作権法で定められた「公正な引用」に当たらないことが多い。つまり世間でよく言われるところの「引用です」というのは、まさに”引いて用いた”程度にすぎず、著作権法の定める例外規定にまで達していない利用形態がほとんどである。
これはマンガの出版であっても同じで、1997~1999年に「脱ゴーマニズム宣言事件」で裁判が起こされるまでは、曖昧な運用が慣例的に続いてきた下地がある。
これは今でも同じところがある。2014年にはマンガ「ハイスコアガール」が著作権侵害で訴えられているが、出版社側は「引用だ」と主張している。判決はまだ出ていないが、客観的に出版社側の主張はかなり不利だと言っていい。

横のつながりがある出版社では法の適正な利用よりも、「おたくのキャラクターをウチのマンガの中で出したいと作家さんが言うんだけど、いいですか」といった調子で事前に相手の許諾を得て載せることが慣例であったという(参照:マンガと著作権)。実際には裏で許諾が降りているものの、表面上は勝手に掲載したように見えてしまう(許諾の表記などは特に無いために)「曖昧な引用」がそのまま現代に残ってしまったと言えるかもしれない。



(2)マンガの中で歌詞が利用される形態

詩や短歌や俳句も著作物として保護されるものとなる。特に俳句などは合計で17文字と非常に短い文章でありながら創作性を認められるものとなる。それと異なり、創造性をもたない普遍的な短い文章であるならば著作物として認められなかったり、あるいは一部を抜粋しても著作権の侵害とは認められないこともある。例えば「トンネルを抜けるとそこは雪国だった」という有名な川端康成の小説の書き出しも、これだけでは侵害に当たらないだろうとされている。

マンガの中で歌詞が使われるのも同じように台詞の中に一部だけが載ることがほとんどである。歌詞や詩のすべてが載るようなことは稀なケースと言っていい。キャラクターが気まぐれに歌詞を口ずさんだり、そのシーンにあった歌詞が一部掲載されることが多い。昔を懐かしんだシーンで歌が出てきたり、時事ネタの流行歌を口にしたりといった程度である。そして、はっきり言って、その利用形態のほとんどが上述したような「公正な利用」の要件を満たしているとはいい難い。

(A)引用
20150804 (1)
上の画像は『冨樫義弘 ハンター×ハンター 30巻 106項 2012年初出 集英社』からの一部抜粋であるが、掲載されている詩はただシーンの演出として利用されているのみで、「学術的な目的」や「必然性」などに著しく欠けている。マンガで「公正な引用」が認められることは困難だろう。(※ちなみに「民明書房」や「菊池正央」といった固有名詞はジャンプではお馴染みの架空のものであり、上記の詩自体が他者の著作物ではない。ゆえに利用形態として問題があるとしても、そもそも権利侵害になることはないといえる)

(B)許諾
20150804 (2)
次は『荒木飛呂彦 ジョジョの奇妙な冒険 41巻41項 1995年初出 集英社』からの抜粋であるが、『露営の歌』の歌詞が一部利用されている。「勝って 来るぞと 勇ましく (1937年 露営の歌より 作詞:藪内喜一郎)」部分である。これも台詞の中で歌詞が間違われていることや、学術的な目的とはいえないだろうことから、「公正な引用」とはいい難い。しかし、これは利用に当たって「JASRAC(日本音楽著作権協会)」から許諾を得て掲載しているJASRACコードが併記されている。つまり権利者(その代行者)に許諾を得て利用しているのであって、利用形態が「公正な引用」に合致していなくとも問題ないといえる。

(C)伏字
20150804 (3) 20150804 (5) 20150804 (4)
最後に『脚本:田畑由秋 作画:余湖裕輝 アクメツ 3巻113~115項 2003年初出 秋田書店』からの抜粋であるが、某TV番組をオマージュした演出でテーマ曲を流しているあろうシーンだが、歌詞はすべて伏せらており、掲載はされていない。しかし、元ネタになっているTV番組を知っている読者からすれば、歌詞は伏せられていても察することができる。だが、これならば引用の要件を満たす必要もなければ、JASRACや権利者から許諾をもらう必要もないといえる。



(3)出版社の慣行

さて、現代のマンガの中で歌詞が出てくる場合には「B:権利者(代行者であるJASRAC)に許諾を得る」という場合がほとんである。それ以前の古いマンガではこの慣行すらなかったとしても不思議ではない。それほど権利関係にはルーズなのが近代日本の出版企業であるといって差し支えない。現代でも権利関係を巡る問題の多くは現場の「法の不知(法律を知らないこと)」によって起きている。

冒頭のはてなダイアリーで取り上げられたマンガも、掲載や発行当時には権利者からの許諾なしに歌詞を掲載していた可能性が高い。「公正な引用」に合致しない、許諾を得ていない、とすれば歌詞にボカシを付けたのも仕方がないといえる。しかし、ダイアリー内でも指摘されているが、新たに発行するのであれば「新たに許諾を取ってもらいたかった」というところはある。しかし、出版社としてはボカシを入れることを選んだということだろう。

他のマンガのコマを利用することは必然性など「引用の要件」を満たせば可能である。先述した「脱ゴーマニズム宣言」でも改変のないコマの引用は認められている。

キャラクターを出す場合には著作権侵害となることがある。「サザエさん事件」「ポパイ事件」などではキャラクターを無断で用いた事例が著作権侵害で訴えられている。近年では戦隊もののコスプレ衣装などを販売したケースも著作権侵害などで逮捕例がある。最近では他作品のキャラクター(ドラえもんやアンパンマンなど)を出すときには目に黒い塗りを足すようなこともある。これによる法的な免責が生じるのかは不明であるが、実在人物であった場合には(対象人物のプライバシー保護目的など)一定の免責が認められている。
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

idsuru

Author:idsuru
http://www.idsuru.com/

最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。